歯並びと快適な睡眠は
決して無関係ではありません−

睡眠時無呼吸症候群

いびきや歯ぎしり、睡眠時無呼吸症候群の改善に有効な「スリープスプリント」

日本では習慣的にいびきをかく人は2000万人以上、睡眠時無呼吸症候群の患者数は300万人以上と推定をされています。

「顎、喉、顔の形態、歯並び、肥満を原因」として、発症をします。

スリープスプリントを睡眠時に装着することで、いびきの発生を防ぎぐっすりと眠ることができるようになります。

「寝ている間のいびきが大きいので、改善をしたい…」「睡眠時無呼吸症候群で睡眠時に呼吸が止まり、睡眠不足になっているので改善したい…」といった方へスリープスプリント(マウスピース)による治療は有効です。

 

スリープスプリントは、通常のマウスピースとは異なります。

スリープスプリントのマウスピースは、スポーツで使用されるマウスピースと異なり、寝る時に下顎を少し前方へ出す機能があります。

このマウスピースによって、睡眠時の舌の沈みこみが改善され喉の気道が広がり、スペースを設けることができます。
気道(空気の通り道)が広がることで、いびきや睡眠時の無呼吸がなくなります。

睡眠時に気道が狭くなってしまう要因は様々です。
「首周りや喉の脂肪による要因(肥満)」
「舌の付け根やのどちんこ等による要因」
「口呼吸による要因」
「年齢と共に、舌が奥に落ち込んでしまいやすくなっている要因」

等があげられます。

スリープスプリントは上記のような要因で、気道が狭くなっているケースに対し効果的です。

いびきや歯ぎしり、睡眠時無呼吸症候群の改善に有効な「スリープスプリント」について詳しくは当院スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

ソフトタイププレートもございます

ソフトタイプのものをはじめ、こちらに掲載されていない種類もございます。

 

詳しくはドクターにご相談下さい。

初診の方の事前受付

アクセス

  • 当院の治療について
  • 治療の流れ
  • 無痛治療
  • 歯科治療恐怖症の方へ
  • インプラント
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 金属アレルギー
  • 矯正歯科
  • レーザー
  • 歯周病
  • アンチエイジング
  • むし歯
  • ドックベストセメント
  • 再生療法
  • 予防歯科
  • 入れ歯
  • 上下の噛む癖(TCH)
  • 歯ぎしり・噛みしめ
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 指定難病の方へ
  • よくあるご質問
  • リンク集
For smartphone
携帯サイト
提携クリニック 名古屋
ニューナゴヤクリニック歯科
本町デンタルクリニック
よしかわ矯正歯科クリニック
美帆 矯正歯科クリニック
大阪歯科大学附属病院
社会医療法人 大道会 森之宮病院
歯科麻酔科 橋口デンタルクリニック
ページトップへ戻る