さわやかで
快適な毎日を−

入れ歯

こちら以外にも様々な種類の入れ歯があります。詳しくはドクターへご相談ください。

ノンクラスプ義歯

当院では「ノンクラスプ義歯」を取り扱っております。
この義歯は、入れ歯の欠点である違和感や見た目の問題を大幅に解消してくれる。
まさに「魔法の入れ歯」なのです。

針金を使用しておりませんので、金属の嫌な味とも痛みともはたまた見栄えの悪さともお別れしましょう!

最適な義歯をご提案いたします。 ノンクラスプ義歯にも素材によっていくつか分類が有り、当院では口腔の状態や残っている歯の本数などによって、右記の中から最適なものをご提案しております。(1:ルシトーン 2:バルプラスト 3:カルデント)

ノンクラスプで快適な毎日を

私たちにとって入れ歯って何でしょう?

何かを食べても美味しくない。
口の中が狭く感じておしゃべりしにくい。
笑うと銀歯がキラリ! ちょっと口臭が気になるかな〜、
年をとったかな〜

そんな経験、ありませんか? 嫌ですよね!

私たちは数ある入れ歯でも解決できない事を一つ一つ解消し、 一人一人の方々へ「ウン!」と納得をして頂ける入れ歯を提供しようと専門家が集まり、入れ歯の素材にも拘ってノンクラスプ義歯を作ってみました。

従来の入れ歯との比較

見た目が自然

金属の留め具部分が無いのでとても見た目が自然です。

汚れない

使用素材には表面張力が発生し、また吸水性がとても低いため水分や油分を寄せ付けない成分なので、汚れや匂いのつきにくい入れ歯です。勿論、雑菌も寄せ付けない衛生的な入れ歯です。

軽い

水に浮くほどの軽さでお口の中でも違和感無く装着できます。

付け心地

弾軟性樹脂を使用しているためとてもしなやかでソフトな付け心地です。

安全性

人体に対し毒性0%。安心して長く使用していただけます。

耐久性

従来の他のナイロン製義歯に比べ吸水性が無いため樹脂変形も無く、細い部分には特殊繊維補強を用いているため丈夫です。

1:ルシトーンとは

自然な仕上がりの「エステ入れ歯」

トロガミドCX7323と呼ばれる素材を使用した、エステ入れ歯です。
より自然な仕上がりで入れ歯とは気づかれにくく、つけているご本人も、味や感触にあまり違和感を感じません。
また、お手入れも簡単で取り扱いやすいものになっております。

加えて、ルシトーンでは5色から使用者様の歯肉の色に合わせたものを選べますので、自分にあった美しい義歯を作りやすくなります。
>株式会社TUM 公式サイト



2:バルプラストとは

実績豊富な安心できる義歯

バルプラストは、スーパーポリアミドナイロンという素材を使い、従来では不可能だった薄さと、従来の半分ほどの重さを実現した義歯です。
アメリカでは50年の利用実績があり、世界30カ国で広く利用されています。

また、ほとんどの部分を同一の素材で作成するため、より精度が高くフィット感のある入れ歯を作成することができます。素材自体もしなやかで、曲げても割れないなど、維持のしやすさも魅力です。

 

3:カルデントとは

カルデントは歯肉の色もオーダーメイド

針金の無い入れ歯(ノンスクラプ)をせっかく作ってもらっても歯茎の色とマッチしなくて目だってしまう。そんな方にもカラーパレット6色の中からオーダーすることができます。

とてもシナヤカ そしてシットリ

樹脂の硬さはこしのある軟らかさを追求してみました。
義歯に使用する樹脂は軟らかいだけでは、お口の中では安定しません。
幾度と臨床を重ねた結果、程よい硬さが生まれました。

 
 

金属床義歯

金属床義歯とは、義歯床が金属で出来ている入れ歯です。
義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険のものよりもしゃべりやすく、違和感が少ない総入れ歯を作れる可能性が高くなります。

ただし、金属床義歯は修理が難しく、高価です。
保険の入れ歯ではどうしても…という方がいらっしゃいましたら、担当医とよく相談の上でお作りになるのをお勧めいたします。

金属床義歯のメリット

ほとんどの症例で使用できます。/入れ歯を薄くすることができるため、保険の総入れ歯よりもしゃべりやすく違和感が少ない入れ歯を作れる可能性が高くなります。/熱伝導性に優れているため、食事の際に温度感覚が自然に近くなります。/汚れが付きにくいので清潔です。/保険のものよりもピッタリと合う入れ歯ができる可能性が高くなります。/割れにくく、変形しにくい素材です。

アタッチメント義歯

入れ歯を入れているかどうか、ちょっと見た程度ではわからないほど、今日の歯科医療は進んでいます。
また、他人に少しも気づかれることなく、日々の生活をおくっている人たちもたくさんいます。

今日からはあなたもその中のひとり…
話し方や表情まで、きのうまでのあなたとは違っているはずです。

ミニSGアタッチメント

材質に生体親和性の高いバロア(金・白金・イリジウムの合金)とチタンを使用した、ロック機構付きの義歯です。パーツによって、維持する力を変更できるため、患者様にあった力で義歯を固定しておくことができます。
口腔内や残っている歯の状況に合わせて、様々なパーツが用意されておりますので、違和感の軽減も可能となっております。

マグネット式入れ歯

マグネット式入れ歯をご存知ですか?
残っている自分の歯に磁性金属をうめこみ、入れ歯側に超小型磁石を取り付け、義歯を磁力によりぴったり吸着させます。
金属製の留め具もないので、見ためにもきれいです。

マグネット式の入れ歯は見た目がきれい

入れ歯を固定する金属の留め具がないので、見た目に違和感がなく、他人の目線も気になりません。従来の入れ歯で、留め具を固定した歯がムシ歯になっても、根の部分を残してマグネット入れ歯にすれば、歯の寿命を伸ばせます。

シンプル構造でカンタン手入れ

留め具で固定する入れ歯よりも構造的にシンプルなので、食べかすがつまりにくくお手入れも簡単です。

ピタッとはまり、着脱もカンタン

強力な磁石が引き合って吸着されるので、入れ歯を近づけるだけで所定の位置にピタッとはまります。わずらわしい留め具がなく、はめやすいので、介護が必要な患者さんのケアにも最適です。

マグネット式の入れ歯で、健康な歯への負担はいっさいなく、金属の留め具もないので見た目もすっきりです。

マグネット式入れ歯のQ&A

質問文をタップすると、回答を開閉いたします。

歯を抜いてしまったのですが、マグネット式入れ歯にできますか?
歯の根の部分が残っていれば、マグネット式の入れ歯は装着できますので、歯の根の部分がどの程度残っているか先生にご相談ください。
磁石は人体に影響を与えませんか?
肩こりの緩和や健康ネックレスに使用されるくらいですから問題ありません。また、脳のMRI検査でも、実際に診断する部分からは離れていますので影響がないことがわかっています。
治療は健康保険で行えますか?
残念ですがマグネット式入れ歯は保険治療で行うことができません。
費用は患者さんのお口の中の状態によって異なりますので、先生にご相談ください。

ループ・シリコーン義歯

ループ・シリコーン義歯とは?

従来の義歯では痛みが取れない、しゃべると外れやすいなどでお困りの方におすすめする、接触面に柔らかいシリコーンを利用した義歯です。

無味無臭でフィット感が高く、クッション効果で歯肉にかかる負担も軽減されるため、義歯を使った生活が従来より快適に感じることが期待できます。

ループ・シリコーン義歯のQ&A

質問文をタップすると、回答を開閉いたします。

今までの入れ歯とは何が違うの?
従来の入れ歯は歯ぐきに対してプラスチック(レジン)もしくは金属でしたが、ループ・シリコーン義歯では歯ぐきに対してバイオシリコーン(やわらかい素材)を使用しております。
食事中、食べカスが入れ歯と歯ぐきの間に入るのですが?
ループ・シリコーン義歯はバイオシリコーンのクッション作用で、歯ぐきや残っている歯にピッタリと合うため隙間ができにくく、食べカスは入りません。
金具(クラスプ)が気になるのですが?
患者さんのお口の中の状況にもよりますがバイオシリコーンを使って金具の代わりに入れ歯を固定して、金具が見えない入れ歯にすることもできます。
今までの入れ歯では、痛かったり、合わなかったりしたのですが、
このバイオシリコーンの入れ歯はどうなんですか?
まず、従来の入れ歯が痛かったり、合わなかったりする原因は、いくつかあると思うのですが、原因の一つに考えられることは、素材自体が硬いことだと思います。

硬い素材は、やわらかい歯ぐきや歯ぐきの下の骨に対して、決して良い影響を与えません。その点、ループ・シリコーン義歯は、今までの素材で入らなかった歯ぐきの深いところまで覆うことも可能なので、患者さんのお口にピッタリ合った入れ歯を作ることができるのです。
ループ・シリコーン義歯は長持ちするの?
患者様のお手入れの仕方にもよりますが、平均で3年以上は快適にお使いいただけます。また、歯ぐきの状態の変化により入れ歯が合わなくなればバイオシリコーンの部分だけの張替えも可能です。
バイオシリコーンって安全なの?
ループ・シリコーン義歯に使用しているバイオシリコーンは、整形外科等、広く医療界で使用され、国から医療用具としての承認を受けた安全な素材です。
お手入れは難しいですか?
従来のものと同じようにしていただければ良いのですが、バイオシリコーンの部分は柔らかいブラシと中性洗剤で毎食後の清掃をおすすめしております。

保険義歯

保険義歯とは?

一般的な入れ歯は、こちらにあたるものとなります。
保険義歯は、保険適用が可能な代わりに、入れ歯を支えるための「クラスプ」という金属のバネを歯に引っ掛ける必要がございます。

そのため見た目が悪くなってしまいますが、保険ではこのタイプの部分入れ歯しか作ることが出来ません。ものを噛む能力は、天然の歯の約20〜30%程度です。

安価ではございますが、非保険の義歯と比べ負担や使いやすさで劣るため、よくご相談の上でご自分にあったものをお使いください。

初診の方の事前受付

アクセス

  • 当院の治療について
  • 治療の流れ
  • 無痛治療
  • 歯科治療恐怖症の方へ
  • インプラント
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 金属アレルギー
  • 矯正歯科
  • レーザー
  • 歯周病
  • アンチエイジング
  • むし歯
  • ドックベストセメント
  • 再生療法
  • 予防歯科
  • 入れ歯
  • 上下の噛む癖(TCH)
  • 歯ぎしり・噛みしめ
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 指定難病の方へ
  • よくあるご質問
  • リンク集
For smartphone
携帯サイト
提携クリニック 名古屋
ニューナゴヤクリニック歯科
本町デンタルクリニック
よしかわ矯正歯科クリニック
美帆 矯正歯科クリニック
大阪歯科大学附属病院
社会医療法人 大道会 森之宮病院
歯科麻酔科 橋口デンタルクリニック
ページトップへ戻る